> ワイン用語集

ワイン関連の用語(ワード)一覧

ワイン関連の用語(ワード)一覧

design457_5_6.jpg


ワイン関連のブログを作っていて、迷うことがあります。
それは、記事を書いていて、この表現は読者の方にうまく伝わっているのか、
この単語は一般的に知られている単語なのか。

この問題を解決するために、ワイン関係の単語集を作りました。
これで記事を読みやすくなる人が増えてくれると嬉しいです♪
(この記事は適宜、追加・編集していきます)



<目次>
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ラ行
ワ行


ア行


AOC(アペラシオン・ドリジーヌ・コントローレ):AOC法(原産地呼 称統制法)に基づくワインで、最高の格付けの高級ワイン。必ず原産地の地名がラベルに表示される。単に アペラシオンといえば、主にそのワインの原産地名を指す。
AOCブルゴーニュ:ブルゴーニュのAOCワインの中で、最も気軽に飲め るワイン。ラベルに単に"Bourgogone"と書いてある。
アイスワイン:収穫の時期を意図的に遅らせて、木にぶどうがついた状態で 凍らせ、水分が凍ったまま、果汁を搾ったもの。糖度が高い天然甘口ワインで、ドイツのものが有名。
脚(あし)、涙(なみだ):グラスを回したときに、内側につくワインのし ずく。一般に落ちる速度が遅いワインほど、グリセリンやアルコール分が多く、厚みのあるワインと判断され る。
アッサンブラージュ:ワインをブレンドすること。樽ごとに仕込まれたワイ ンを瓶詰め前にブレンドする。また、シャンパーニュ地方では、メーカーの違うスタイルを維持するために、 畑や年度、品種の異なるワインを混ぜ合わせること。
甘口:一般的にテーブルワインの甘口とは、ぶどうがもつ甘味をワインに残 したもので、ほのかに感じる甘味から豊かに感じるものまで様々である。ただし、ワインの甘味は、単に糖 分の量だけで決まるわけではなく、酸味とのバランスで異なってくる。
アロマ:ワインが発散するぶどうそのものが持つ果実の香り。アロマがその 果実の香りを意味するのに対して、ブーケは熟成によって生まれる香りを意味する。
亜硫酸:ワインの酸化防止剤。ワインの酸化を防ぎ、さらに有害菌の繁殖を 押さえる上、酵母の働きは妨げないという効果を持つ。呼吸器系に害があるとも言われているが、実際ワイ ンの製造段階で自然に発生するものであり、各国の法律でも、定められたレベル以下であれば使用も許可さ れている。
ヴァラエタル・ワイン:ぶどうの品種名を表示したワイン。主に新世界(ア メリカ・オーストラリアなど)のワインに多く、アメリカでは75%以上、オーストラリアでは85%以上の 同一品種を原料とすることが義務づけられている。
ヴィエイユ・ヴィーニュ:「古い樹」の意味。ぶどうは樹齢の古い方が、 果汁成分が豊かで、ラベルにこれが表記されているワインは古い樹のぶどうから作られた高級ワインという ことになる。
ヴィンテージ:そのワインに使用されたぶどうが収穫された年。地方によっ てその年の天候などの要因がワインの出来に大きく関係してくるため、その収穫年が重要視される。よいぶ どうが出来た年を、ヴィンテージ・イヤー、グレート・ヴィンテージといい、また、それに対してあまり出 来のよくない年をオフ・ヴィンテージという。
ヴィーノ・ダ・ターヴォラ(VdT):イタリアワインの格付けにおいて、 最下級に当たるもの。一般のテーブルワイン。最下級とはいえ、VdTの中には上級ワインに匹敵するよう な銘柄もある。(メーカー法に縛られない、品種、製法で意識して製造している)
エチケット:ワインのボトルについているラベルのこと。もともとフラン ス語では、礼儀作法、札という意味。この語源は、昔、ベルサイユ宮殿の庭の花壇が踏みにじられて無残 な姿になった時、その花壇に「花を大切に」という札が立てられ、この立て札のことをエチケットといっ た。その後、意味が点じて「人の心を乱さないように」、「人を不愉快にさせない」、「人を思いやる」 といった意味になった。そういう意味では、ラベルは造り手に意志が繁栄されているものといえる。
オスピス・ド・ボーヌ:ブルゴーニュ地方のボーヌ地区にある施療院で 1443年にブルゴーニュ公の大法官であったニコラ・ロランとその妻ギゴーヌ・ド・サランによって創設 された。畑をブルゴーニュ各地に寄贈し、毎年11月第3日曜日に競売会が行われる。競り落とされたワイ ンは、それぞれの元で樽熟、瓶詰めされ、オリジナル・ラべルで出荷される。よって、毎年瓶詰めにあたる ネゴシアンが変わる。
オリ:フランス語でlie(リー)。ワインの成分(色素やタンニンなど) が時間の経過とともに不溶性化し、ボトルの底にたまってできたもの。年代物のワインによく見られるが、 人体には何の影響もない。飲む前に静かにボトルを立てておき、デキャンティングするべきである。
オーク:樫の木。世界のほとんどの地域でワインを熟成させるための樽を 作る原材料になっている。(フランス産、その中でも特にアリエ産や産)が最上だといわれるが、スペイ ンやオーストラリアには、アメリカン・オーク(アメリカ産)を好んで使う者もいる。一般に、フランス 産は、タンニンなどのエキス分が多く、アメリカ産は香りが強いとされる。また、樽の形にするため、オ ーク材の内側に火を当て、あぶるのだが、そのあぶり加減も、ワインの味を左右する。


カ行


カーブ:主にワインを寝かせておくためのワインこのこと。理想的な保管 状態は、通常、気温11℃~15℃、湿度70%~75%位といわれる。
辛口:ワインの場合、辛口という表現は「甘味が控えめ」、「甘味がほと んどない」という意味で用いられる。香辛料の辛さや、酸味だけを感じるタイプのワインを指しているの ではない。ひと口に辛口といっても、非常に硬くシャープなものから、飲んだあとにわずかに甘味を感じ るような豊かなコクを伴ったものまである。
貴腐ワイン:ぶどうに貴腐菌(ボトリヌス・シネリア)がつくことによっ て、糖分だけを残し水分を蒸発させるためできる、非常に糖度の高い甘口ワイン。フランスのソーテルヌ、 ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ、ハンガリーのトカイなどが有名。
旧世界ワイン、新世界ワイン:フランス、イタリア、ドイツなど、昔から ワインの歴史のあるヨーロッパの国々を旧世界、それに対して、近年特に人気の出てきた、アメリカ、チ リ、オーストラリアなどを総称して新世界という。
グラン・クリュ:「特級」の意味。ブルゴーニュ地方やアルザス地方での グラン・クリュとは、ワイン法によって認められた最上級のぶどう畑のことを指す。
クリマ:ぶどう樹の生長に影響を与える気候全体の事で、ブルゴーニュ地 方では、畑の中で名前のついた特定の区画(ぶどう園)を指す。
クレマン:クレマンとは、瓶内気圧が3.6位の通常のスパークリングワ イン(5~6気圧)より低いスパークリングワインのこと。よって、きめの細かい泡立ちになる。197 5年より、ブルゴーニュ、アルザス、ロワールでシャンパン方式を用いて造られた発泡ワインに与えられ るようになった。
コトー・シャンプノア:フランス、シャンパーニュ地方で造られるスティ ル・ワイン(非発泡性ワイン)。シャンパンが造り出されたのは17世紀後半で、それまではシャンパー ニュ地方も他の地方と同様にスティル・ワインが生産されていた。
小樽(バリック、ピエス):ワイン用の樽としては、小さめの220リッ トル前後のもの。伝統的にボルドーでは、225リットルのバリック、コート・ドールでは、228リッ トルのピエスと呼ばれる樽が使われる。小樽を使う利点として、熟成期間を短縮できること、色素を安定 させること、ワインの色を濃くすることなどが挙げられる。


サ行


酸味:ぶどうの果実には、主に酒石酸とリンゴ酸が含まれており、これがもたらす酸味はワインに 爽やかさや引き締まりを与えるため、味わいに欠くことの出来ない要素となっている。酸が多すぎると、 ぎすぎすした感じになり、逆に酸が少なすぎる場合は、鈍くキレの悪い印象を与える。
シャトー元詰め:主にボルドーで、そのシャトーがワインの生産からボトル詰めまで全て行ってい るということ。多くの場合、"MIS EN BOUTEILLE AU CHATEAU"とラベルに表示されている。ブルゴーニュ や他の地方では、ドメーヌ元詰め(MIS EN BOUTEILLE AU DOMAINE)となっている場合もある。また、ネ ゴシアンがワインを買い取り、瓶詰めしたものには、"MIS EN BOUTEILLE AU PAR(ネゴシアン名)"とラ ベル表示される。
シャンパン: フランスのシャンパーニュ地方でできる発泡性のワイン。シャンパーニュ地方以外でつくられた発泡性ワインをシャンパンとよぶことは禁止されている。
シュール・リー(Sur Lie):主にフランスのロワール地方、ミュスカデを造る時の製法で、瓶詰め までオリを引かずに寝かせておくこと。これにより、酸化を防ぎ、よりフルーティーな味わいを保つ。ま た、オリがアミノ酸に変化するため旨味も増す。
スティル・ワイン:非発泡性ワイン。一般的なワインのことで、スパークリング・ワインやフォーテ ィファイド・ワイン(酒精強化ワイン)と区別するために用いる。
スーパー・セカンド:1855年のメドック格付けに対し、現在、第1級同等の評価を得ているワ インの総称。「パルメ」、「コス・デステュルネル」、「レオヴィル・ラス・カーズ」、「ピション・コ ンテス・ドゥ・ラランド」、「デュクリュ・ボーカイユ」などをこう呼ぶ。
スーパー・プレミアム・ワン:新世界のワイン産地で造られる、高価で希少なワイナリーのフラッ グシップ。カリフォルニアの「オーパス・ワン」、「ルビコン」、「ドミナス」、オーストラリアの「グ ランジ」など。
スーパー・VdT:スーパー・ヴィーノ・ダ・ターヴォラ。VdTとは、イタリアのテーブル・ワイン。格 付けでいえばDOCやDOCGの下位にあるワインということになる。70年代半ばから、型破りの製法と独自の ブレンドで、法律に縛られない高品質のワインが、トスカーナ州に登場し、市場を賑わせた。代表的な銘 柄としては、「ソライア」、「ティニャネッロ」、「オルネライア」など。スーパー・トスカーナとも呼ば れる。
スパークリングワイン:3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインの総称。(3気圧以下のものは弱発泡性ワインと呼ぶ)。その中で、「シャンパン」はフランスのシャンパーニュ地方でつくられ、かつフランスのワインの法律(AOC法:原産地呼称管理法)に規定された条件を満たしたもののみ名乗ることができる名称。条件にはつくられる地域やぶどうの品種、栽培や伝統的製造方法(メソード トラディショナルと呼ばれる製法で、シャンパン製法とも呼ばれる)、アルコール度数などの項目がある。シャンパン以外のスパークリングワインでは、フランス=ヴァンムスー(Vin Mousseux)、クレマン(Cremant)イタリア=スプマンテ(Spumante)ドイツ=シャウムヴァイン(Schaumwein)ゼクト(Sekt)スペイン=エスプモーソ(Esupumoso)カヴァ(Cava)がある。
スワニング :ワインを空気に触れさせる事によって目覚めさせ(開かせ)、 香りをふくらませたり タンニン(渋み)を丸くさせる効果がある。
セカンドワイン、セカンドラベル:主にボルドーの有名シャトーに関して、そのシャトーの最上級 ワイン(ファーストラベル)に品質的に及ばない物を、別のラベルを貼って出荷するセカンドクラスのワ イン。セカンドワインには、樹齢の若いぶどうの樹から採れたものや、水捌けの悪い区画から採れたぶど うから作られたワインや、最終的に選抜した上で、そのシャトーの名を名乗るのに及ばないワインをブレ ンドしたものなど、様々なケースがある。価格的にはファーストラベルよりかなり安いにもかかわらず、 品質はかなり高いので高い人気を誇っている。
セバージュ:ぶどう品種のこと。


タ行


タストヴァン:よくソムリエが首から下げている、利き酒用の銀製小盃のこと。
タンニン:ぶどうの果皮や種から溶け出す成分で、渋味や苦味を構成する。ポリフェノール菌の一種で、 ワインの酸化を防ぐ作用もする。また、赤ワインの渋味を表現する時にも用いられる。
単一畑:ある1区画の畑だけのぶどうから造られたワインのことを指す。通常、ラベルにその畑の名前 が書いてあり、質の高いワインである。
テイスティング:ワインの色、香り、味などを見ること。レストランなどでワインを注文した時にテ ストすることもいうが、それはホストテストという。同じワインの年代の違うものをテイスティングする ことは、水平テイスティングという。
デカント、デカンティング:ワインを瓶から他の容器に移し替えること。主な目的は、年代物の赤 ワインなどに出来たオリを取り除くためである。また、若いワインに対して、その固さを空気に触れさせ て柔らかさを出すためにも行われる。
デキャンティングポアラー: ポアラーをワインボトルの注ぎ口につけて、ボトルを思いっきり傾けてワイングラスに注ぐだけで、デカンティングできるアイテム。
テロワール:その畑のぶどうが育つ自然環境要因の総称。気候、土壌、水はけ、傾斜、標高、地形 など。ブルゴーニュでは、畑によって微妙にテロワールが違うため、畑ごとに格付けがなされている。
DRC(ドメーヌ・ドゥ・ラ・ロマネ・コンティ):現在では、高級ワインの代名詞として語られる、 ブルゴーニュのヴォーヌ・ロマネに本拠を置くドメーヌ。生産するワインは、かの有名な「ロマネ・コ ンティ」、「ラ・ターシュ」、「リシェブール」、「ロマネ・サン・ヴィヴァン」、「グラン・エシェ ゾー」、「エシェゾー」の赤6種と、「モンラッシェ」の白1種のみ。それらの畑は「神に約束された土 地」といわれ、徹底した品質管理と共に、世界最高ともいえるワインを生み出す。
ドメーヌ:自社畑を所有し、生産から出荷まで行う畑の所有者。主にブルゴーニュ地方で使われる。 ブルゴーニュの場合、複数のドメーヌで畑を分割所有しているケースが多いため、同じ畑名でもドメー ヌの違いによって性格が微妙に異なってくる。
トップノーズ:ワインを注いですぐに立ち上る香りの事。グラスを回してからの香りはセカンドノ ーズ。トップノーズがぶどう品種の特性が出やすいのに対し、セカンドノーズでは熟成状態が分かると いう。


yjimagegshj.jpg

ナ行


ネゴシアン:生産者から樽ごとワインをかいつけ、味を調えてから瓶詰めして出荷、販売するワイ ン商。主にブルゴーニュ地方で使用される。

ハ行


フィネス:上質で優雅なものを賛美する時に使われる言葉。フランス語で「上質、洗練」という意味。
フィロキセラ:アメリカ東海岸原産のぶどう根こぶ虫。1800年代後半にフランスのぶどう畑がこの 害虫によって壊滅的被害を受けた。これ以降フランスのぶどう樹のほとんどは、フィロキセラ耐性のあるアメリカ系ぶどうの台木 に接ぎ木されている。フィロキセラ以前のワインは、「プレ・フィロキセラ」と呼ばれ、珍重されている。
ブラン・ド・ブラン:白ぶどうのシャルドネ種だけを使って造ったシャンパンの事。
ブルジョワ級(クリュ・ブルジョワ):ボルドーのシャトーの格付けの1クラスで、グラン・クリ ュ・クラッセ(第1級~第5級)のすぐ下にくるクラス。中には、コスト・パフォーマンスに優れたいいワインも多く含まれる。
プリムール:「初物」、「はしり」といった意味で、出来上がったばかりのワインのことを指す。 プリムール販売といえば、まだ樽熟成中のワインを先物買いすること。例えば、2000年のワインが市場に出回るのは2003 年だが、現在このワインが市場で取引されている。また、ヌーヴォーと同義語で、今年出来た新酒をプリムールと呼び、ラベルに 表示してある事もある。
プルミエ・クリュ:ブルゴーニュでは、グラン・クリュ(特級ワイン)の下になる1級ワイン。ボ ルド-のメドックでプルミエ・グラン・クリュといえば、第1級格付けで最上級のものとなる。
フレーバー:香りと味が口の中で一体となった風味を指す。
ブーケ:熟成香。熟成によって備わる様々な香りの事。ブーケが熟成によって生まれる香りを意 味するのに対して、アロマはその香りそのものを意味する。
ペティヤン:微発泡性のワイン。瓶内気圧が約2気圧のもの。
補糖:発酵前の果汁に糖を加えて、よりアルコールの高いワインにすること。比較的、冷涼な北 ヨーロッパなどでは、ぶどう糖度が上がらないため、日常的に行われる。
補酸:酸の低い果汁に酒石酸などの酸を加え、ph値を下げ、発酵を順調にする。気候の温暖な 新世界のメーカーでは、果実味たっぷりのワインを造るためぶどうの完熟を待つ事が多く、そのため酸が不足気味になる。よって この補酸を行う事がしばしば見受けられる。補糖と補酸は、人体には影響はないが、ワインの質を守るため、各国の法律で厳しく 規制されている。
ボディー:ワインの厚みを表す言葉で、しばしば、コクとも言われる。ワイン中には、水分、ア ルコール、糖、酸を始め、微量ながら土壌からの様々なミネラル分が存在している。その中で、主にアルコール分やエキス分(ワ イン中の不揮発成分で、多いほど甘口になる)の含まれる量、そして、その割合により、ワインは軽やかなタイプから、厚みと深 みを持つタイプまで、ボディの違いをフル・ボディー、ミディアム・ボディー、ライト・ボディーと言う形で表される。




マグナム:通常のワイン瓶の2本分(1.5リットル)入るワインのボトル。出荷数が少ない事と、 熟成スピードが遅いので、古いマグナムボトルは珍重されている。
マセラシオン・カルボニック:ワインの製法の一つで、炭酸ガス侵漬法の事。主にボジョレーの 伝統的な製造法で、収穫したぶどうを破砕せずに房ごとガスの充満したタンクに入れ、発酵させる。こうする事によって、より フレッシュな果実味の豊かな早飲みタイプのワインが出来あがる。
マロラクティック製法:ワインの醸造過程で1次発酵(アルコール発酵)の後に起こる二次発酵。 ワイン中のリンゴ酸が乳酸菌により、乳酸に変わる事。MLFと略される。
モノポール:「独占・専売」という意味で、ワインの世界では単独所有ということ。主にブル ゴーニュで、その名前の畑をひとつの会社が単独で所有し、販売している時に使う。例えば、ロマネ・コンティやラ・ターシ ュは、ロマネ・コンティ社のモノポールとなる。




ランブルスコ:イタリアのエミリア・ロマーニャ州・レッジョ、モデナ周辺を流れるポー川流域の平坦地で栽培したランブルスコ種からつくられる、天然弱発泡性の赤ワイン。このランブルスコ種は、イタリア中部ので栽培される品種で、古代から多収穫の葡萄として多くの人に親しまれる。
ルロワ:フランスのブルゴーニュ、ヴォーヌ・ロマネに本拠を構えるドメーヌ。
その品質、また長寿のワインを作るとい う意味でもDRC(ドメーヌ・ドゥ・ラ・ロマネ・コンティ)と並んで、ブルゴーニュの巨頭といわれる。ただ、DRCとは違い、ル ロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っている。オーナーのマダム・ビズ・ルロワは、ワ インに関して世界最上の味覚の持ち主といわれ、非常の厳しい品質管理により、素晴らしいワインを造り上げる。良いものにな ると、20年から30年をかけて熟成され、最高の飲み物になるといわれるが、非常に高価なものになってしまう。




ワイン:破砕された、またはされていない新鮮なぶどう、または新鮮なぶどう液の完全、または 一部のアルコール発酵だけで出来、既得アルコール濃度が最低でも8.5%(特例を除外して)で、消費に適し、法律に準じて 生産された飲みもの。
ワインクーラー:ワインを冷やすための容器の事。
ワインセラー:ワインの貯蔵庫。ワインクーラーが冷やすことだけを目的としたものなのに対し、ワインセラーは適度な温度・湿度を保てるようにしてある。


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ワインは、ネットショッピングがお得です。そしてポイントタウン経由だともっとお得!
ここからポイントタウンに登録すると、500ポイントもらえて、さらにお得です!
ポイントタウンの概要と、お得な利用方法に関しては、
こちらの記事を参照ください。


≪関連記事≫
●【ワイン紹介】カサーレ・ヴェッキオ
●ハートマークの本格派・シャトー・カロン・セギュール2009
●90点以上の感動必死なワイン一覧
●80点台の一度は飲んでみて欲しいワイン一覧
●70点台の美味しいワイン一覧
●【ワイン番付】楽天ショップTOP3!ワインを買うならここ!
●僕とワインとポイントサイト~ワインとの出会いとワイン観~
●【楽天ポイント】ネットショップで、ワインを買うタイミングとは?
●とんだ大失態!購入前のキャンペーンエントリーは忘れずに!


共感していただけたらクリックお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村

にほんブログ村

ワイン ブログランキングへ

お勧めポイントサイト!
こちらのバナーから登録いただけると、超嬉しいです!
【ポイントタウン】
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
<累計獲得額51,679円!>
★買い物や旅行予約が最強!
★外食モニターでお得!
★楽天市場が3倍+α!
★楽天トラベルもお得!
★会員ランクがお得!
最強な内容と稼ぎ方まとめ

【ちょびリッチ】
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
<累計獲得額10,500円!>
★外食モニターは神!
★お得キャンペーン多数!
★100%還元商品多数! ★毎月ブログ紹介で100pt!
★ここから登録で250円!

【ハピタス】
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
<累計獲得額1,000円!>
★買い物還元率は最高級
★友達紹介システム最高
★映画もお得に観れる!
★勢いがあります!

【げん玉】

<累計獲得額48,400円!>
★コンテンツ単価No.1!
★100%還元商品多数!
★映画もお得に観れる!
★クラウドで貯めやすい!
★ここから登録で250pt!!
内容と稼ぎ方まとめ

【お財布.com】
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
<累計獲得額3,689円!>
★ポチで毎月500円超え!
★お得な入会キャンペーン
を実施中!
★毎月ブログ掲載で50円!
★リードメール多め
ここからの登録で100円!!
内容と稼ぎ方まとめ

【モッピー】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
<累計獲得額6,180円!>
★毎日ポチで月500円!
★楽天トラベルもお得!
★毎月ブログ掲載で50円!
内容と稼ぎ方まとめ

お勧めアンケートサイト!
【マクロミル】
アンケートモニター登録
毎月1,000円以上稼げる一番人気のアンケートサイト!
ここからの登録で30ptお得!
<累計獲得額26,000円!>
コンテンツなど詳細はこちら

【infoQ】
新規モニター登録

ポイントタウンと一緒の利用がお得なアンケートサイト!
ここからの登録で30ptGet! <累計獲得額3,500円!>
コンテンツなど詳細はこちら

【アンとケイト】
<累計獲得額6,500円!>
コンテンツなど詳細はこちら
お小遣いサイト初めての方へ
ポイントサイト小遣いおよび友達紹介実績
今後ポイントサイトを始められる方へ。参考までにどうぞ
ポイントサイト総額 160,152円!
※H29年7月1日時点
※楽天ポイント110,695Pt
楽天市場の活用のコツ!
楽天市場で買い物するのもコツが必要。知ってると知らないとでは大きな差が!是非攻略法をご覧ください!
人気記事ランキング
ブログパーツ
Twitterアカウント
ツイッターやってます!相互フォローしましょう!
にほんブログ村ランキング
免責事項
当ブログの情報は、情報が古いなど一部内容が異なる可能性があります。ご利用に当たっては、適宜情報元をご確認ください。また、登録・ご利用の場合には責任を負いかねますのでご了承ください。
ワインに関しては、ソムリエ資格の持たない素人の感想・お勧め商品であることをご理解ください。
バカワインのプロフィール

バカワイン

Author:バカワイン
ワインバカならぬ、バカワインと言います。年間200本程のワインを飲む、ワイン愛好家(あくまでも素人!)。ポイントサイトを頑張って、少しでも美味しいワインを買いたいと願う、サラリーマン。

検索フォーム
お好きなキーワードを検索
ランキングサイト(1日1回ポチお願いします!)
共感していただけたら、
1日1回それぞれにクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事はこちら
スクロールすると最新記事を20件分観られます
サッポロラガービール(缶)のレビュー!まさに料理のためのビール! 2017/07/24
【検証】楽天市場で商品を無料で購入すると、楽天ポイントやお小遣いはもらえる!? 2017/07/23
【Qoo10】全商品が驚異的に安いショッピングサイト!ポイントサイト経由でさらにお得! 2017/07/22
お中元・暑中見舞いは贈った?選択肢の一つとしてポイントサイトも 2017/07/21
ハピタスから「じぶん銀行」開設+預金だけで2,500円ゲット! 2017/07/19
旅行前に必見!8月までの楽天トラベルでのホテル予約はモッピーがお得! 2017/07/18
ヴェリタスセットの1本/シャトー・オー・コルミエ2015 2017/07/17
【ちょびリッチ】男性はサントリー「頂」をタダでもらえる!かも… 2017/07/16
超感動!カーズ/クロスロード(カーズ3)のあらすじと感想! 2017/07/15
1周年記念!【飛翔編】ポイントサイトのランキングと2年目の抱負! 2017/07/13
1周年記念!【成績編】1年間のポイントサイトの収入を詳しく紹介! 2017/07/12
1周年記念!【回顧編】ポイントサイトブログを開設したメリット・デメリット 2017/07/11
黒猫マークの安旨ワイン!ガトー・ネグロ・メルロー2016 2017/07/10
常に走らされてる感もあるけど、楽天お買い物マラソンに参加してみる? 2017/07/09
映画好き必見!チケットをより安くお得に購入する方法とは実は 2017/07/08
H29年6月のポイントサイトのお小遣い額・友達紹介数を公開! 2017/07/06
この夏はポイントサイトで家族・友達にWin-Winになろう! 2017/07/04
「ヴェリタス」ボルドーセットの1本!シャトー・ラモット・カステラ2015 2017/07/03
必見!楽天トラベルを4倍以上お得にする、たった2つの方法とは!? 2017/07/02
7月も小遣い稼ぎ!ポイントサイトから複数のコンテンツを利用! 2017/07/01
お得なワイン情報!
カテゴリ
コメントが励みになります!必ず目を通して返信します!質問・疑問など待ってます♪
special thanks!
リンク
お世話になっているブログ!
相互リンクについて
当ブログはリンクフリーです 相互リンクも大歓迎!是非お申し出下さい
詳しくはこちらをご覧下さい