キュレーションサイトの大炎上で僕が受けた被害とは実は…

さて本日は、先日起きた「WELQ」事件について語ります。
この影響で、僕のブログとお小遣い稼ぎにも、多大なダメージを被っているのは言うまでもありません。
そんな恨みつらみも含めて、この記事を書いていこうと思います。(長文ですのであしからず・・・)

          ブログランキング・にほんブログ村へ      






【本日の記事内容】
1.キュレーションとは!?
2.WELQ事件とはなに!?
3.僕が被ったダメージとは?
4.まとめ




1.キュレーションとは!?



t2.jpg


<知恵蔵2015より引用>
インターネット上の情報を収集しまとめること。または、その情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値をもたせて共有することをいう。キュレーションを行う人は、キュレーターと呼ばれる。代表的なキュレーションサイトには、Twitterのつぶやきをまとめる「Togetter」や、検索サービスNAVERが運営する「NAVERまとめ」がある。

Togetter
NAVERまとめ



2.WELQ事件とはなに!?



「WELQ」とはキュレーションサイトの一つで、「DeNA社」が運営する医療情報サイトでした。ヘルスケア情報や医療情報を全般的に扱っているサイトでした。
このサイトの内容が、著作権の侵害に当たるという指摘や、内容の信憑性について問題があると指摘を受けた者です。
その結果、H28年11月末に「WELQ」は公開を停止しました。その後、DeNAは12月7日、「WELQ」など10のキュレーションサイトを閉鎖したことについて、謝罪会見を行いました。その場には、現社長の守安攻氏や創業社長の南場智子氏が出席しました。

ここで問題というのが、キュレーションサイトの多くが、文章を書いているライターが、医療資格を持たない一般人だということ。そして文章作成を依頼する運営会社が、記事の内容を十分に確認もせずにネット上に挙げるという、ずさんな管理をしていたことが大きな問題でした。

なかには、「肩こりは幽霊が原因のことも!?」などと全く根も葉もない噂や都市伝説のような記事が載っていることもあったようです。
引用元:「信頼性薄い」批判受け……DeNAの健康情報サイト「welq」、専門家が監修へ



3.僕が被ったダメージとは?



13dc5ec64cc1a714ce9b27ded30508fb_20228.jpg


ここまでは、事件の概要ですので、客観的事実をつらつらと書いてきました。
これから先は、僕個人の思いや考えも踏まえて述べていきます。

(1)この事件の問題点とは?

ブログとは、色々なタイプの書き方があります。経験が浅い僕が考えられるだけで
◆雑多日記型・・・なんでもアリの日記型
◆ノウハウ型・・・ある分野に特化したノウハウを提供するタイプ
◆まとめニュース型・・・時事ニュースなどのまとめなど
◆アフィリエイト型・・・アフィリエイトでガッポリ稼ぐタイプ
◆知名度型・・・芸能人のブログなど

などなど。
もっと色々考えられるでしょうね。

上のタイプだけでいうと、「雑多日記型」と「知名度型」以外は、何らかの元記事が必要になるケースが多くあります。例えば、「まとめニュース型」のブロガーが、時事ニュースに関しての感想を挙げるならば、実際のネタ元が必要になります。また、「ノウハウ型」で言うと、一般的なセオリーと対比させて、持論(体験)を述べる必要があるかもしれません。

このようにブログには、記事のネタ元(ソース)が必要になってくるものが多くあります。
前述のように、これを単にパクるだけならば「盗用」となり違法行為。一部を引用してそれに対する持論を述べればOKです。

今回の事件では、ネタ元を明かさずに、間違った内容や信憑性のない内容を、あたかも事実のように記事にしたことが問題です。その記事を作成したライターにも、間違いを指摘せずに投稿した運営会社にも、問題があると考えます。

特に医学・健康に関しては、読者の健康や生命に影響が及ぶ可能性が問題なのです!
読者の方々が誤った情報に左右され、健康を害するアイテムを購入したり、間違った健康方法を行うことがあってはいけません。これはキュレーションサイトとして、徹底すべきところなはず。これを根底から曲げているところが残念でなりません。


(2)僕が受けたダメージについて

では、僕が受けたダメージとはなにか。
まず一つ目は、ブログの作成です。
僕のブログは、「ノウハウ型」と「まとめニュース型」の両方の特徴をもっています。簡単なことで、とってもブログ運営がシビアになってくるんだろうなっていう感想です。
このブログも、あるサイトやニュース記事から引用することが多いため、広義ではキュレーションとして捉えられるからです。全くそんなつもりはないですが。

そして二つ目。
これが一番大きいのですが、僕が一番小遣い稼ぎできている「げん玉クラウド(CROWD)」が利用しづらくなったことです。
この「げん玉クラウド」は記事作成の依頼がしっかりしていて、根拠がしっかりしていない文章や、他から盗用するような文章には、承認が決して下りません。実は僕も経験済みです。
そのため、僕は得意分野の医療関係の記事を作成するようにしています。先に挙げたように、特に医療関係記事では、内容に配慮が必要なため、文献や信頼のおけるデータを根拠として挙げていました。
にも関わらず、心ないキュレーションサイトの影響で、まともなサイトが炎上する危機に!

醜悪至極なり!


この1件から、僕は「げん玉クラウド」の利用を敬遠しています。
それは、心ないキュレーターの一人になりたくないからです。


このために、今月から僕の小遣いはグッと減ること間違いないでしょうね~。つまり今は瀕死の状態です。



4.まとめ



今回の記事は、恨みつらみを込めて書いたので、何も面白みがない記事になってしまいました。読者の方々には、面白くもない長文を読ませる羽目になって、大変申し訳ないですが、それでも書かずにはいられませんでした。

僕はキュレーションという言葉自体、つい最近ブログサークルの方に教えていただくまで知りませんでした。
キュレーションとはインターネット上の情報を収集しまとめることです。
しかし、僕のブログでは、単にまとめるだけではなく、メッセージを伝えなきゃいけないと感じています。持論をしっかり述べて、読者の方に、明確なメッセージを伝えられるような書き手になりたいと考えています。

「ブログでは意味と価値をもたした記事を提供する!」

今回の1件を通して受けた被害は、確かに大きかったですが、逆に学んだことも多くありました。
まだまだ未熟なブロガーですが、しっかりと地に足付けて、価値のあるブロガーになりたいと感じました。

最後に、つまらない長文を読んでいただいて、ありがとうございました。今後ともバカワインをよろしくお願いします!

0 Comments

Post a comment