シャトー・トゥール・サンボネ2010/U.F.O.チーズソースとのマリアージュ

今日は、ワインと焼きそばのマリアージュをテーマに投稿します。
面白い企画になってるので、是非ご覧ください。

          ブログランキング・にほんブログ村へ      






【本日の記事内容】
1.今回の企画の趣旨
2.U.F.Oチーズソースガーリック仕立てとは?
3.いざ、ワインの選定!
4.ワインの概要・外観・香り・味
5.マリアージュの結果!ワインの総合的評価!




1.今回の企画の趣旨



今回はさっさと本題にいきます。
題名にあるように、今回のミッションは「マリアージュ」がテーマ。
僕のリスペクトする
taka:aさんからミッションをいただきました。
●そのミッションの記事はこちら

要するに、「U.F.Oチーズソース ローストガーリック仕立て」と合わせるワインをセレクトするってこと。何と面白いテーマ!
ワインのプロではありませんが、楽しみながら紹介するには、ちょうど良い命題ですね。

では、U.F.Oの紹介から、ワインの紹介まで、一気に行きましょうか!



2.U.F.Oチーズソースガーリック仕立てとは?



20161218_120858-1[1]

U.F.Oっていうと、泣く子も黙る「日清食品」さんのカップ焼きそば。
先日、あるブロガーさんが、U.F.Oの名前の由来は、「未確認飛行物体」と関係なく、「うまい・太い・大きい」から来ていると教えてくれました。それはさておき、基本のソース味しか知りませんでしたが、今は色々なテイストがあるんですね。麻辣紅担々、上海オイスター、明太子マヨ、お好み焼き味。こんなにいっぱいあるとは知りませんでした。僕も、2日1回はカップ麺を食べてるんですが、色んなスーパーを回らないと、ついていけませんね。

そしてこの企画をするに当たって、一つ困ったこと。それは、商品が売っていない~。
ドン・キホーテ1件、スーパー1件、コンビニ3件回りましたが、巡り合わず。そして諦めかけたとき、嫁さんの食材の買い出しで発見!迷わず、嫁さんに2つ買ってもらいました!自腹切らなくて良かった(笑)
それにしても、レアな商品なんでしょうか、希少価値があると考えましょう!

さて、商品の紹介。
詳しいことは、taka:aさんの記事を参照してください。僕なんかよりも、とっても上手にイメージをしやすい紹介をされています。

<オフィシャルサイトでの紹介(紹介文を添付)>
“ワインとともに楽しむ焼そば”をコンセプトにした、パーティー好きにもピッタリなちょっと大人のU.F.O.です。ガーリックの香り豊かなコクのあるチーズソースに、仕上げにふりかけるブラックペッパーが食欲を刺激する、まるでパスタのようなU.F.O.です。

いざ、実食!!
これは、確かに焼きそばっていうよりも、パスタというカテゴリに近いもの。まさしくカルボナーラです!
「ワインとともに楽しむ焼きそば」というコンセプトがピッタリの、濃厚で芳醇なチーズと黒コショウの相性の良い、何とも贅沢な香りと味わいでした。焼きそばにしておくのがもったいないくらいの、イタリアーンなオイリーさでした。
コシのある、ちょっと太めの麺も、ソースに絡んで食欲をそそります♪

カップ麺は多様化しているとともに、消費者の心を鷲づかみにする、新しい取り組みをどんどんされていますね。このような商品開発って、正直スゴイと思います。いつまでも獲得したブランドに留まらずに、新たなジャンルを開拓する。色々見習いたいところです。



3.いざ、ワインの選定!



いざ、ワインの選定です。ここが一番責任が重い作業。
ソムリエの田崎真也さんは、「白い料理には白ワイン、赤い料理には赤ワイン」とどこかで言っていたのを思い出します。ここは、基本的には白ワインなんでしょうね。

ただし、カルボナーラ仕立てのこの濃厚な焼きそばには、辛口の白ワインを合わせると、ちょっとパンチに欠けるなぁと感じました。そして、甘口の白ワインでも、甘ったるくなってしまうと考えました。あえて白ワインを選ぶとすると、辛口シャルドネの白ワインが良いんでしょうね。

今回は、セオリーを無視して、赤ワインをセレクトしました!
濃厚なカルボナーラですから、濃厚なフルボディな赤ワイン!ということで、僕の好きなチリワインなどの安旨ワインではなく、2,000円程度のフルボディをピックアップ!!

「シャトー・トゥール・サンボネ2010」

※注)ヴィンテージ違いです



 4.ワインの概要・外観・香り・味 



★ワインの概要★

20161218_120831-1[1]

《商品の概要》
●商品名:シャトー・トゥール・サンボネ2010
●産地:フランス・ボルドー
●タイプ:赤ワイン・フルボディ
●品種:カベルネソーヴィニヨン45%、メルロー45%、カベルネフラン5%、プティヴェルド5%
●ヴィンテージ:2010
●アルコール度:14%
●価格:定価2000円程度


「Y’NS トウキョー」さんの紹介文を引用
完売寸前【最終最後】のご紹介です!!
世界で唯一あのパーカーが30年間も溺愛する[ラ・トゥール・サン・ボネ]過去最高の超お宝2010年ヴィンテージ!!
【これぞ間違いなく世界最高峰No.1の超お買い得ワインです!!】
パーカー比類なき激賞!!『これは私が過去30年来、ボルドーワインの中で最も信頼し続けてきたワインである。そして私はこのワインの数々のヴィンテージを堪能してきた。
この2010年は、この予想以上の成績を収めるシャトーにおいて、これまで私が飲んできた中で、おそらく最高のものであろう。』
私もこの商売を10年以上っていますが、これほど溺愛して止まないワインを他には一本も知りません!!
これほどまでに絶賛されるワインを目の前にして、飲まないなんてことがあっては、皆さん絶対にいけません!!
[シャトー・ラ・トゥール・サン・ボネ 2010]


あのロバート・パーカー氏が30年間も溺愛するワインとは・・・どんなもんなんでしょうか。クリュ・ブルジョワ級とはいえ、とてつもないワインの予感がしますね。


★ワインの外観★

20161218_120846-1[1]

20161218_121206-1[1]

20161218_121313-1[1]

20161218_121710-1[1]

今回は力が入って、コルクまで撮影しちゃいました。(笑)
それもそのはず、エチケットだけではなくて、コルクなど細部にまで、丁寧に力を入れているワインだからです。

エチケットは、存在感が抜群。「CHATEAU TOUR ST BONNET」のロゴが上品に構えます。そして、ボルドーのワインならではのシャトー(城)のイラストがカッコいいですね。
裏ラベルには、ブルジョワ・クリュの品質を保証するコードが光っています。

そして、最後の焼きそばと並べた写真。
これは・・・ブラックペッパーのかけ方がひどい。我ながらセンスを疑いました。(笑)こういうところに神経を使えるブロガーになりたいと心に秘めました。
改めて、taka:aさんの記事と見比べてください。このブラックペッパーの均一に振りかけられた、見た目にも美しいビジュアル。そして、食欲がそそられますね♪


★ワインの香り★

ワインの香りは、うっすらとスミレ、(とっても良い意味で)タバコの渋いもの、杉の木、強いオークのアロマを感じます。バランスがとてもよくて、爽やかに鼻腔をくすぐるとともに、力強いインパクトを残します。


★ワインの味★

軽くスワリングしてから飲んでみると、フワッとした優しいアロマと共に、力強いタンニンが感じられます。その中でも、しっかりとした果実味と凝縮感を感じます!ミディアムボディからフルボディの味わい。さらに、時間をおく程その果実味は姿を現し、どんどんと本格的な味わいに変貌していきます。
これは、もう数年寝かした方が美味しいのではと思わせるくらい、時間とともに変化するワインでした。
これでも十分美味しいのですが、もう数日後に残りを飲んでみようと思います。タンニンが抜けてさらに美味しくなっていますように!



5.マリアージュの結果!ワインの総合的評価



(1)マリアージュの結果!

さて、肝心のマリアージュはどうだったんでしょうか?
なんと、これは僕としてはベストマリアージュだと感じました!

冒険して、白ワインを選択しなかったことが良いのか悪いのかは分かりません。しかし、このワインだけで見ると、カルボナーラ的な濃厚なソースとしっかり融合して、お互いが引き立たせていました!
それはそれは、食欲が進む進む!なんと、1.5杯も食べてしまいました。(笑)さすがに太るので、0.5杯は子どもにあげましたが。

焼きそばのチーズがやや強いために、口の中がまったりするのですが、そのためにワインの果実味とタンニンがよく感じられます。そして、ワインのタンニンのおかげで、黒コショウもさほど強く感じられませんでした。
それぞれの良い面を引き立たせ、悪い面をうまく隠してくれる、これこそが最高のマリアージュです!
良いおしどり夫婦になってくれましたよ♪

(2)ワインの総合評価!

評価は、既に先にベラベラと述べてますので、これ以上は触れません。
でも、今回マリアージュについて色々考えたことで、いい経験になりました。普段、自分で考えることはあっても人に披露することはありませんからね。
ミッションを与えてくれたtaka:aさんに感謝です!

最後にワインの総合評価。

個人的評価:86点!

【評価点数の説明】
90~100 感動的なワイン!!
80~89  一度は飲んでみて欲しいワイン!
70~79  美味しいワイン
60~69  平凡なワイン
59以下  買ってはいけないワイン


ワインはポイントサイト(特にポイントタウン)を通して、楽天市場やyahoo.ショッピングなどのネットショップで購入すると、とってもお得です!無料でワインを購入できるかも。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ポイントタウンに登録していない方、ここから是非登録ください~
★ポイントタウンの概要と、お得な利用方法に関しては、こちらの記事を参照ください。

0 Comments

Post a comment