(応用編)家庭でワインを楽しむときに重宝するアイテム!!

11月17日、今日はボジョレー(ボージョレ)の解禁日!!
世界中が、解禁にお祝いしている中、僕はまだ飲んでいません。明日は飲み会で泥酔するから、今日くらいは休肝日にしたいってのと、単に天邪鬼なので、違うタイミングで飲みたいな~っていうのと。
買ったボージョレは、来週にでも飲もうかな。

さて、3日連続でお送りしている、「家庭でワインを楽しむときに重宝するアイテム」シリーズ。本日で最後になります。このシリーズを書いてる間はとっても楽しかったです♪
やっぱ僕はワインが好きなんだな~、ワインオタだなって、つくづく思いました。笑)
これからも、何かご紹介できる内容を探して、ご紹介していきますね。

1日目は、ワインのコルクの開け方や、グラスの特長(選定方法)について紹介した基本編。
●(基礎編)家庭でワインを楽しむときに重宝するアイテム!!

2日目は、抜栓後のワインを保存する方法(赤・白ワイン/スパークリング・シャンパン)について紹介した保存編。
●(保存編)家庭でワインを楽しむときに重宝するアイテム!!
昨日の投稿にも、多くのご意見・感想をいただきました。ありがとうございます!
「抜栓したコルクを力技で、またねじ込んでいました」「サランラップと輪ゴム作戦で、シャンパンの口をしばっていました」「1日で1本飲み干していました」などなど。
皆さん、このような経験をしたことがあるのではないでしょうか??僕はありまゴニョゴニョ・・・(笑)
苦い過去は、きっとワインあるあるとして、語り継がれることでしょうね。

最後に紹介するのは、応用編!ということで、これまでの基礎編を踏まえて、各シチュエーションにおいて、もっとワインを楽しんじゃおうというものです。では、ご覧ください~♪

          ブログランキング・にほんブログ村へ      






【本日の記事内容】
1.食事中のワインを冷やした状態でキープするには?
2.お気に入りワインを美味しいまま保存するには?
3.ワインをプレゼント用にオシャレに包装するには?




1.食事中のワインを冷やした状態でキープするには?



ワインはタイプによって、飲み頃の最適温度が異なります。たとえヴィンテージものの高級ワインであっても、適切な温度ではない温度で飲んでしまいますと、せっかくのおいしさが半減してしまいます。
各ワインの飲みごろの温度は、大体ですが以下の通りです。

6~8シャンパーニュ(スタンダードクラス)、その他スパークリング
8~12シャンパーニュ(プレステージクラス)
6~8白ワイン(甘口)
6~12白ワイン(辛口)
10~14コクのある上級白ワイン
14~16黄ワイン(=ヴァン・ジョーヌ)
6~8ロゼワイン(甘口)
8~10ロゼワイン(辛口)
12~14赤ワイン(軽め)
16~18赤ワイン(ブルゴーニュ)
16~20赤ワイン(ローヌ)
18~20赤ワイン(ボルドー)
18~20ヴィンテージポート



これらの温度を目安に飲むと、美味しくワインを飲めるのですが、ここで問題が一つ。
白ワインやスパークリングワインは、冷やして飲むものですが、一旦冷蔵庫などから出してしまうと、すぐに室温で温まってしまいます。ではどうすれば良いか!?

【問題】白・スパークリングワインが、室温で温まらないように飲むにはどうすればよいか?
Ⓐ・・・室温で温まる前に飲み切る
Ⓑ・・・部屋自体の温度を下げる
Ⓒ・・・白ワインやスパークリングワインを冷やす道具を使う


答えは、当然決まってますよね。アレですアレ。笑)


★シャンパンクーラー★

シャンパンクーラーはアルミやステンレス、陶器など素材もさまざまで、色やデザインもバリエーションが多いです。予算や求める雰囲気、冷やしたい本数などに合わせて、素敵なものを選びましょう。


●複数のワインをカッコよく冷やしたい場合




●1本だけアイスノンの仕組みで冷やしたい場合




●デートやイベントにエレガントな雰囲気を演出したい場合




このように、多種多様な形・素材・容量のシャンパンクーラーがあります。それぞれのシーンをイメージして、利用しましょう。そして、これはプレゼント用にもピッタリ!誰が使っても、オシャレでカッコいい、ワンランク上のワインライフを楽しめます。



2.お気に入りワインを美味しいまま保存するには?



昨日のコメントでもいただいたのですが、「自分の生まれた年のワインを飲みたい!」「子どもが成人したら、生まれ年のワインを一緒に飲みたい」という思いは、僕にもあります。
その場合は、どうすれば良いのでしょうか??

一般的に、良質なワインはビンテージが古くなればなるほど、価格が高くなります。安物のワインは、その限りではありませんが。
そのため、良質なワインを20年後に買うよりも、今のうちに良質なワインを買っておいて20年間保存する方が、お得な場合があります。では、どのように保存するといいのでしょうか?

【問題】ワインの品質を保ち、長期間保存する方法は?
Ⓐ・・・そのまま置いておく
Ⓑ・・・土に埋める
Ⓒ・・・ワインの品質を保ち、長期間保存するアイテムを使う


答えは、当然決まってますよね。アレですアレ。笑)でも、土に埋めておくのも、意外と良いらしいですよ!


★ワインセラー★



ワインセラーは、とっても便利なアイテムです。ワインの飲みごろの温度に、しっかり保ってくれます。夏の暑い日にも、冬の寒い日にも、しっかりと対応。これはとっても便利ですよね。
しかし、クリックされた方は分ると思いますが、値段がとっても高いのが難点でもあります。
購入が難しい場合は、下のアイテムをご利用ください♪


★ワインクーラー★



ワインセラーとは違って、夏の暑い日用で、ワインを冷やしてくれます。
実は、僕はこちらを利用しています。値段も一気に安くなります。
これは、値段も手ごろな割に意外に便利な商品です。夏は15℃くらいで設定しておけばOK!冬は寒いですから電源を切っておいても勝手に自然冷蔵してくれるのでOK!

つまり、家庭用では、ワインセラーまでは要らないと考えます。ワインクーラーだけで十分です!

ここで、重要なポイントです。
ユーロカーブ社のセラーなど高級ワインセラーでは、一定の温度の範囲内でセラー上部が高い温度、下部が低い温度、という「セルヴィテックタイプ」の形で多温度帯を管理できるものがあったり、レトワール社の2ドアタイプのように庫内を分けることで複数温度を管理するものもあります。
ただ、どれも非常に高価な商品ですので、簡単に手の出るものではありません。

そこで一工夫!
例えば、赤ワインなら飲む30分前にクーラーから出しておく、辛口白ワインであれば飲む30分前に冷蔵庫で冷やしておく、というように調整が可能です♪
このようなテクニックも踏まえてワインを楽しむと良いです!


改めて、ワインの飲みごろ温度を示しておきます。

6~8シャンパーニュ(スタンダードクラス)、その他スパークリング
8~12シャンパーニュ(プレステージクラス)
6~8白ワイン(甘口)
6~12白ワイン(辛口)
10~14コクのある上級白ワイン
14~16黄ワイン(=ヴァン・ジョーヌ)
6~8ロゼワイン(甘口)
8~10ロゼワイン(辛口)
12~14赤ワイン(軽め)
16~18赤ワイン(ブルゴーニュ)
16~20赤ワイン(ローヌ)
18~20赤ワイン(ボルドー)
18~20ヴィンテージポート




3.ワインをプレゼント用にオシャレに包装するには?



さて、最後の商品を紹介します。
ワインを購入して、オシャレに持ち運ぶには?そして、プレゼントする相手に喜んでもらうようにラッピングするには!?

ワインを包装する際に、お店にお願いすると、変な紙包みにラッピングされるのが関の山です。笑)
ここでは、ワンランク上のお洒落さんを演じるアイテムを紹介します。






いかがでしょうか!?
トレンチコート何て着てこれを持つと、日本がフランスのオシャレな雰囲気に様変わり!
「こんなシチュエーションないわー」とか、「こんなん恥ずかしい!」というコメントは受け付けません。笑)
ワンランク上ということは、人との違いを見せてナンボなんでしょうから。
もちろん僕は利用したことはありまゴニョゴニョ。


ワインとワイン関連アイテムはポイントサイト(ポイントタウン)を通して、楽天市場で購入すると、とってもお得です!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ポイントタウンに登録していない方、ここから登録すると500ポイントもらえてお得です!
ここから是非登録ください~

★ポイントタウンの概要と、お得な利用方法に関しては、こちらの記事を参照ください。

0 Comments

Post a comment