レ・グロッテ・レッジャーノ・ランブルスコ・セッコ

今日は久しぶりの1日2回投稿を試みます。
週末恒例のワイン紹介。僕の好きな、イタリアの赤ワインの泡(スパークリング)、ランブルスコを紹介します。
先日、ビバ・ヴィーノさんで購入したワインを紹介しました。
金賞受賞のボルドーワインでしたが、ちょっと残念なワインで、お世辞にも美味しいと言えないワインでした。
●シャトー・オー・モン・サン・フォルト2014
ただし、そこのショップのセットが全て悪いわけではない、ということを証明したいと思います。

          ブログランキング・にほんブログ村へ      






【本日の記事内容】
1.レ・グロッテ・レッジャーノ・ランブルスコ・セッコ
2.ワインのラベル・香・味について
3.総合的評価




1.レ・グロッテ・レッジャーノ・ランブルスコ・セッコ






<ショップのテイスティングノート>
20161120-223206.jpg

1世紀以上前からエミーリア・ロマーニャ州のランブルスコの最適地に設立されたワイナリーは、高品質のランブルスコを生産し、今もその技術を受け継いでいます。
濃く深いルビー色。泡は細かく、注ぐと豊富に立ち上がります。すみれの香りが心地よく継続して感じられます。辛口でフレッシュ&フルーティーな味わいと生き生きとした泡のハーモニーが特徴です。



とっても魅力的なコメントです。これは期待できますね。
それもそのはず、僕はランブルスコがとっても大好物。過去にも数件の記事を投稿しています。
●クエルチオーリ・レッジアーノ・ランブルスコ・セッコ85点!
●これは美味い!キアルリ・ランブルスコ86点!
●ロゼ・ディ・バッコ ランブルスコ・ロッソ75点!

見てお分かりの通り、揃って総合評価が高いです。なぜなら、ランブルスコが大好きなんですよね♬あの香りとあの泡のきめ細やかさ、軽口の飲みやすさ、フルーティな味。いまだにまずいランブルスコに会ったことがありません!

さて、ここまで期待しておいて、本題。ワインの紹介に移ります。

●商品名:レ・グロッテ・レッジャーノ・ランブルスコ・セッコ
●産地:イタリア・エミリア・ロマーニャ地方
●タイプ:赤微発泡・やや辛口
●飲み頃温度:12~14℃
●品種:ランブルスコ・サラミーノ70%、ランブルスコ・マラーニ30%
●ヴィンテージ:NV(ノン・ヴィンテージ)
●アルコール度:11%
●価格:1000円程度




2.ワインのラベル・香・味について



★ワインの外観★

20161120_225520-1[1]

20161120_225530-1[1]

印象に残る、グリーンのラベル。
ラベル自体は小さいながらに、ベーシックな形ではなくインパクトあり。
「LE GROTTE GEGGIANO」のネームもしっかり記憶に残るものです。

裏面は、日本語での説明がなく、初めて見る分にはやや不安をあおるもの。
ですが、僕はこのランブルスコ、実は3本目なんです。
なので、安心と自身の1本です!

20161115_184442-1[1]

グラスに注いだのが、この画像。とっても深い紫色ですが、光にかざすと透けます。

★ワインの香り★

香りは、商品説明にもあったように、すみれのアロマ。それ以外にも、バラなどの花のような、華やかさを感じます。グラスに注いだ瞬間から香り立つそれは、とってもチャーミングで食欲をそそります♪

★ワインの味★

やや辛口のランブルスコですが、自然の甘みがあって、程よい口当たり。女性にも人気な理由が分かります。そして、フルーティーな余韻は、どんな食事とも合いそうです。僕はハンバーグと合わせましたが、とっても両方が引き立たせながら、食事が進むススム!これぞマリアージュという美味しさでした。



3.総合的評価



これまでのランブルスコとは、特別ずば抜けてるわけではありません。
ですが、非常に秀逸なワインであることは間違いなく、値段からも高コスパな1本といえます。
ちょっとしたお祝いやパーティなんかでも、十分活躍してくれそうな1本です!

個人的評価:84点!

この値段で、このパフォーマンスなら、マストな1本です!

【評価点数の説明】
90~100 感動的なワイン!!
80~89  一度は飲んでみて欲しいワイン!
70~79  美味しいワイン
60~69  平凡なワイン
59以下  買ってはいけないワイン


ワインはポイントサイト(ポイントタウン)を通して、楽天市場やyahoo.ショッピングなどのネットショップで購入すると、とってもお得です!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ポイントタウンに登録していない方、ここから登録すると500ポイントもらえてお得です!
ここから是非登録ください~

★ポイントタウンの概要と、お得な利用方法に関しては、こちらの記事を参照ください。

0 Comments

Post a comment