本質を伝えることの意味と効果は…するしないでこれだけ違う!(後編)

今日2本目の投稿です。こちらが本題!昨日の「本質を伝えることの意味と効果」後編をお送りします。
しかし、ここで問題が。昨日の記事は二日酔いの上に寝不足で、まともな文章ではありませんでした。途中まで勢いで書いたのですが…本日振り返ってみると、書こうとしていた内容から、少しズレてしまってます(;´Д`)
ここから、どう修正しながら、オチを付けるか。そんな観点からもお楽しみください。(長文失礼します)

          ブログランキング・にほんブログ村へ      


【本日の記事内容】
1.物事の本質をとらえるために
1-1本質をとらえる意味とは?(追記)
1-2本質をとらえるコツとは?
1-3別角度から本質を考えてみると?
1-4別角度から本質を考えてみると?
2.例を使って本質をとらえよう!
2-1本質を掴んでいない紹介例
2-2本質を掴んでいる紹介例
3.本質記事のまとめ



1.物事の本質をとらえるために


YUKA160421000I9A2697_TP_V1.jpg

本質をとらえる意味とは?(追記)


本質とは、何か?
色々な情報を組み合わせた、その核になるものです。
松井秀喜さんを例えに、昨日は本質について考えました。

人間は二面性があると、よく言われます。
しかしどうでしょう?人間の中身なんて、表か裏か、良いか悪いか、白か黒か。それだけでしょうか?

違いますよね?白もあれば黒もある、グレーもあれば、黄色も赤色もあるかもしれません。
そして、良いか悪いかだけでなく、良いときもあれば悪い時もあるなど、十人十色です。
それらが複雑に絡み合って、人間が形成されてるから、面白いんですよね♪


本質をとらえるコツとは?



本質をとらえるコツ。これは難しいようで簡単です。
ここではいくつかのポイントを紹介します。

①なぜ?なぜ?と考える
先に述べたように、物事の本質は複雑です。分かったようで、分かりません。
それを謙虚になって、「分かりません」という姿勢と、興味をもちましょう。

そして、こう考えましょう!
「なんで?」

実際に人に聞くときには、「なんで?なんで?」と聞くとウザがられますから、気をつけてくださいね!(笑)
その時には、「開かれた質問」を利用すれば良いんです。思いつく限り質問しましょう。
「なんで?」の他に、「どんなふうに?」「どうやって?」「何のために?」など色々使い分けしましょう。
特に、「何のために?」が目的を言い表す言葉ですので、一番本質への近道かもしれません

②複雑な課題を分類してみる
①で得た内容は、それこそ多種多様です。
質問項目が多ければ多いほど、ジャンルに富んだ内容になるはず。
それをどのように料理しましょうか?

イタリアン?日本料理?中華料理?フレンチ?
いえいえ。
この場合は、まず分類することから始めましょう。紙があれば書いてもいいですし、慣れると頭の中で。

例えば人の本質をみるときには。
◆外見
◆声
◆性別、年齢
◆学歴
◆職業
◆健康状態
◆経済力
◆家族構成
◆服装
◆宗教・思想
◆出身
などなど、たくさんあります。

これらの情報を、どのような本質を見たいかによって、ジャンル分け(カテゴライズ)しましょう。
例えば、商品を売りたいのか、単に話をしてみたいのか、病気を治したいのか。
その目的によって得る情報って違いますよね?


③分類したものを、整理してみる
最後に、先に挙げたカテゴライズされた内容をみて、多面的に整理してみることです。
人や物事を見る側面は、多ければ多いほど、明確に見えてきます。
ボンヤリしていたものが、少しずつ姿かたちを見せてきます。

僕はブログをし始めてから、色々なブロガーさんとSNSを通して関わらせていただいています。
性別・年齢、文章の構成、ブログのジャンル、好み、コメントの有無、ブログをする目的など、色々なことが分かるうちに、少しずつその人のイメージが見えてくるようになりました。
文章だけで不思議ですね。お会いしたこともないのに。

でも、ブログを通してとても深い興味を持ち、好みも少しずつ分かるようになってきています。これぞ本質をとらえようとしているから、ですよね♪


別角度から本質を考えてみると?


もう少し、お付き合いください。(ちょっと難しい話になります)
本質を別角度から考えてみると、さらに奥行きが深まります。

◆ニーズという視点
よくニーズという単語を聞くと思います。この本来の意味を知っていますか?

ニーズとは
人や集団が持つ欠乏感のこと。個人の場合、生理的ニーズ(空腹・渇き)、社会的ニーズ(帰属、尊敬)、個人的ニーズ(自己実現)などがあり、人間生活上必要な、ある充足状況が奪われている状態をいう。ニーズはそれ自身では具体的な購買行動とはならず、欠乏感を解消するための商品やサービスへの欲求(ウォンツ)となってはじめて購買行動が起こるとされている。
コトバンクより引用


マズローは人間の欲求を、ピラミッド状の5段階に分けて説明しました。(詳しくはマズローで調べたら出てきます)
詳細は省きますが、特定の人に対して「人は何を欲しているのか?」「人は何のためなら頑張れるのか?」「この物事は、何のためにあるのか?」これがニーズです。
それを考えることで物事の本質に近づきます。

ポイントサイトに置き換えても、ただポイントサイトを紹介するだけでは弱いということですね。
特定の人をイメージして、「この人は何を欲しいのか?」というニーズの発掘の元に、コンテンツの紹介をするのが良さそうです。


◆ESとCSという視点
「なんのこっちゃい?」という声や、「結局何が良いたいんだ?」という怒号が飛び交いそうですが、続けさせてください。(笑)
次は聞きなれない言葉、ESやCSについて紹介します。

ES=従業員満足度
CS=顧客満足度


漢字にするだけで、とっても分かりやすいですね♪しっくりきます。
例えば会社でいうと、ESは職員自体が満足すること、CSはお客さんに満足してもらうこと。これが両方できていなければ、いい会社にはならないですよ!ということです。
ブラック企業がいい例ですよね?職員がうつ病になると、世間から会社は叩かれるばかりか、お客さんを喜ばせることなんて、到底できません。

ポイントサイトでいうと、会社ではありませんので、全く一緒というわけではありません。
しかし、このように置き換えると分かりやすいです。
◆従業員=自分
◆顧客=紹介する友達

自分だけ満足してポイントを稼いでもだめ。紹介する友達にも満足して喜んでもらうこと!
これがポイントサイトを紹介するうえで、重要なことだと考えています。



2.例を使って本質をとらえよう!


0I9A8034ISUMI_TP_V1.jpg

本質については、長々と時間と労力をかけて説明してきました。
今一度、例を使って振り返ってみようと思います。取り上げる例は、本日投稿した「チケットぴあ」の紹介です。ポイントサイトを経由して「チケットぴあ」の商品を購入すると、とってもお得!という文章ですね。
この記事を基に、本質を掴んでいない例、掴んでいる例を挙げて、それぞれの効果を検証したいと思います。

本質を掴んでいない紹介例


あなたは「チケットぴあ」はどのように利用していますか?
なんと「チケットぴあ」をネットで購入すると、とってもお得なんです!
「ポイントタウン」や「ハピタス」を経由してチケットを購入するだけで、購入金額の0.4%分のお小遣いがもらえます!
是非ポイントサイトをご利用ください。




本質を掴んでいる紹介例



こちらの記事をご覧ください。
色々な角度から、コンテンツを紹介しました。紹介したいものが優れている根拠を示しながら、説明しています。
もっとうまい表現は、当然あると思いますが、前者(掴んでいない方)と比較すると、差は歴然だと思います。




3.本質記事のまとめ

これまで、長々と本質について述べました。
これはポイントサイトのみに言えることではなく、様々な商売や、アフィリエイトなどでも使える手法だと考えます。

ただ闇雲に商品を紹介して、「数打ちゃ当たる」というやり方もよし、このように一つの商品を吟味して紹介するもよし。
いずれにしても、自分が使ってみて、その良さを体感して初めて、紹介したいものですね。

物事の本質をとらえるには、色々な角度から見てみましょう。そして、「なんのために?」「どのような?」など色々な切り口から、情報を収集・整理して考えてみましょう。それに合ったニーズを持つ人をイメージして文章を書くことで、文章の深みと重みが出てきます!

って僕もまだまだなんですが。皆さん、一緒に頑張りましょうね(^^♪


明日の記事:「ワイン記事」
次回のポイントサイト・友達紹介の関連記事「ニーズをさらに掘り下げよう!」


「ポイントタウン」「ハピタス」への登録は下のバナーからできます♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
●ポイントタウンの特徴と利用方法についてはこちらをご覧ください

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

4 Comments

バカワイン  

もりりんさんへ

そんなエピソードがあったんですね。

それは苦くて、タメになる経験ですね♪
僕も昔はこれを理解できなくて苦労しました。

これからも初心を忘れず頑張りたいものです。

2017/01/29 (Sun) 23:21 | REPLY |   

バカワイン  

Re: 本質の本質!

さっすがmarimoさん、色々知識が深いですねぇ。
僕も職業柄勉強はしないとですが、marimoさんは幅が広い。
いつもすごく刺激になっています♪ありがとうございます。

2017/01/29 (Sun) 23:20 | REPLY |   

もりりんパパ  

そうそう、そういえば僕は以前この本質の①が苦手でよく上司から怒られたものです(;^_^A

この①~③の流れは結構叩き込まれた記憶がありますよ~( ̄。 ̄;)

苦い思い出ですね。

でもこれこそが、仕事でもプライベートでも趣味でも、人として大切になってきますよね!

忘れずに精進していきたいと思います(ロ_ロ)ゞ

2017/01/29 (Sun) 19:13 | REPLY |   

marimo217  

本質の本質!

本質を掴むためのトヨタの「なぜなぜ」方式「なぜを5回」ほんとそうですね。
物事を伝える時も、私のように掃除をする時も、会社で生活することも…
今日のバカワインさんの記事はほんと生きて行く上での「本質」に近い気がしました^^

2017/01/29 (Sun) 11:00 | REPLY |   

Post a comment