【SEO】ブログのアクセス数と信頼性との関係とは何?

今日は念願の金曜日!
明日からは連休。
職場の同僚の結婚式二次会とか、その後の付き合いなどあって
何かと忙しい週末になりそうですが、楽しみたいと思います。

          ブログランキング・にほんブログ村へ      





1.信頼の概念とは
(1)過去と未来の関係性
(2)物理と精神の関係性
(3)信用と信頼の図式
2.ブログにおける信用と信頼とは?
3.これからの当ブログの目標!!


20150314143716.jpg








さて、今日は昨日の続きで
ブログのアクセスについて。
信頼のおけるブログ作成に、どのようなことを
気を付けると良いのでしょうか。

【SEO】ブログ開設1ヶ月でのアクセス数が超しょぼい件

まだブログを始めて1ヶ月ですが
この時期に、このテーマで考えることが
将来につながるのではないかと思っています。


1.信頼の概念とは


<広辞苑より>

しんらい【信頼】
[名](スル)信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。「―できる人物」「両親の―にこたえる」「医学を―する」

しんよう【信用】
[名](スル)
ア. 確かなものと信じて受け入れること。「相手の言葉を―する」
イ. それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、世間が与える、そのような評価。「―を得る」「―を失う」「―の置けない人物」「店の―に傷がつく」


僕は、以前コーチングのレクチャーを受けたことがあります。
一年に渡る、ストレスフルな講習でしたが、それなりに得たものがあります。

このテーマの「信頼」と「信用」との違いについても、その習ったことの一つです。


(1)過去と未来の関係性


「信用」とは、その人・物の、過去の実績や成果を評価することです。
つまり、信用を得るには、実績や成果が必須なわけです。
実績があっても、信用を得られるとは限りませんが、
逆に実績がなければ信用されるはずがないこということです。

「信頼」とは、その過去の実績・成果を評価したうえで、「この人なら今後を任せられる」と
未来に向けて、委任・委譲をすることです。
つまり、信頼とは信用があってこそ、成り立つものです。


(2)物理と精神の関係性


先に挙げたように、信頼とは過去の実績に対しての評価です。
つまり、過去にその人・物が作り上げた、“カタチ”に対する評価となります。
それは、いわゆる「物理的」な評価と言えます。

一方で、信頼とは将来性に対しての期待です。
つまり、過去の“カタチ”から、「この人は今後もこれくらいしてくれそうだ」という
「精神的」な気持ちの表れです。


(3)信用と信頼の図式


「信用」と「信頼」とは以下のような図式になります。

「信用」は、物を評価する人⇒その物を作った人(片方向の期待)
「信頼」は、物を評価する人⇔その物を作った人(双方向の期待)


一方向か、双方向かの違いもあるということです。
「信頼」とは、相手があってのものですし、
お互いに理解し共感して、影響し合うものだと言えます。


2.ブログにおける信用と信頼とは?


ブログにおいて、先の「信用」の図式を当てはめるとどうなるか。
やはり、ブロガーの実績が物を言うと思います。

例えば
・ブログでのアクセスの実績
・ポイントサイトでの、小遣い稼ぎの実績
・ポイントサイトの正確なデータ
・自分のプロフィール
などでしょうか。

やはり、昨日挙げた課題をクリアしなければ、
ブログとしての信用を勝ち取ることが難しそうです。

いきなりアクセスを挙げることは、無理ですので
しなければならないことは、やはり小遣い稼ぎの実績を、正確にデータとして残すことでしょうか。



3.これからの当ブログの目標!!


これから、ますます色々なブロガーの方々や、一般の方に、
ポイントサイトの有効性と楽しみ、そしてワインのおいしさを伝えられるようになるには、どうすれば良いか。

先に挙げたように、自分の稼いだポイントサイトでの実績を
正確に挙げていこうと思います。
これは、7月分の実績から
換金データのみをアップしようと思います。
それらから、しっかりとした信用を勝ち取りたいですね。

また、自分のプロフィールを少しずつでいいので、
できる範囲で挙げたいと思っています。
サラリーマンは、身バレをすると危ないこともありますから、
なかなかの難題ですね。。。

そして将来的に「このブロガーの載せた記事なら、信用に値する」
という認識と、「将来的に、この記事に乗っかりたい」という信頼に
つながるように、意識したいと考えています。


ただアクセス数を伸ばすという考えでなく、覗いてくれた人が
得するようなブログになるといいですね。

リオ・オリンピックで、バドミントンの「タカマツペア」が将来的なビジョンを
しっかり描いて勝ち取った金メダル。
僕のブログも、将来的なビジョンを見据えて取り組みます!

0 Comments

Post a comment