「寄付は応援になる」ポイントサイトで災害復興の募金をしませんか

※当記事は2018年7月16日に編集しました

こんにちは、バカワインです。

本日は3.11。あの東日本大震災から7年。
謹んで震災のお見舞いを申し上げます。
日本ではその後も熊本地震や新燃岳の噴火、福井の大雪など、色々な震災が起こっています。
2018年6~7月には「平成30年7月豪雨」という、記録的な豪雨による災害が起こりました。

国民として、被災地のことを良く知っておくとともに、少しでも協力したいですね。
そして、被災された方々が安心して生活できますように。

今日の記事は、ポイントサイトを通して、災害復興の役に立てることをまとめました。
ご覧いただき、一人でも多くの方に共感してしてもらえると幸いです。
※本日は、応援記事のため、可能な限り宣伝を削ってお送りします。


下のブログランキングにポチッと応援いただけると、明日からもお得な情報を発信する気力が湧きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ



1.ポイントサイトで災害復興の一助になること


ポイントサイトでも災害復興の一助になることができる。
まずは、このことを知ってもらえれば幸いです。


1-1.ポイントサイトとは何?


yjimagegbbhi.jpg

ポイントサイトはお小遣いサイトともと呼ばれます。
ポイントサイトには無料で登録でき、利用することでお小遣いを貯めることができます。
現金や航空マイル、電子マネー、ギフトカードなどに交換できるポイントサイト独自のポイントを、日常の買い物やアンケートやゲームなどのサービス利用など、色々な方法で貯めることができるWebサービスです。
このポイントを現金や航空マイル(マイレージ)に貯めることができ、お小遣い稼ぎや節約にとっても便利で安全なサイトです!


ポイントを貯める方法は多種多様で、その方に合った方法で利用することで、毎日の生活がより豊かになり、節約できます。
下記はその一例です。

【ポイントサイトのお得サービス一例】

■アンケート:毎日コツコツ、アンケートに回答

■サービスやメルマガへの新規登録

■クレジットカードの作成で大量ポイントゲット

外食モニター(外食の覆面調査):20~100%引きで外食ができるサービス

100%還元サービス:商品を買った後に100%分のポイントがもらえるサービス

■レシポ、テンタメ:コンビニやスーパーで、有名商品などを購入した後、購入額の一部のポイントがもらえるサービス

楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのECサイトで購入した数%のポイントバック

■楽天トラベルやるるぶなど、旅行サイト利用でかかった数%のポイントバック

などなど、色々なサービスが提供されています。
これら、日常的に利用するサービスをポイントサイトに経由することで、節約とお小遣い稼ぎができるサイト。
このポイントサイトについて、まとめた記事がありますので、ご覧ください。

■ポイントサイトとは?システム・安全性・利用方法・稼ぎ方まとめ

■2018年オススメのポイントサイト!ランキング形式でベスト3を紹介


1-2.日本における災害復興の課題とは?


20180311-090034.jpg

日本の募金額の少なさを知っていますか?
1世帯あたりの年間寄付額は、以下のようだというデータもあるようです。
■ アメリカ…約260,000円
■日本…約2,400円
つまり、日本での募金額はアメリカの100分の1以下。

これには、色々な理由があると思いますが。

災害に関する知識が少ない
■災害への関心が続きにくい
■被災者の声が届きにくい
■募金団体(NPO法人など)になじみがない
■募金団体への不信感
寄付に関して重く捉えてしまうこと
自分自身の生活の質を下げたくないという思い

などなど、枚挙にいとまがありません。
中でも、「災害の声が届きにくい」などは一般市民ではどうしようもないかもしれません。
一方で、「災害の知識をもつ」「寄付に関して重くとらえがち」「自分自身の生活の質を保ちたい」これらは取り組み次第で出来ることが多いように思っています。

日本では、「災害活動をする人は、無償でつつましい暮らしをしながらボランティアすべき」という考えがあるようです。
そうではなくて、自分の生活も楽しみながら、気軽に色々な形で協力できる社会になることが、理想だと僕は思います。寄付もその一つ。



1-3.ポイントサイトが災害の復興に協力できるって?


僕はポイントサイトが災害復興において、大きな可能性をもっていると考えています。

なぜならば、ポイントサイトで貯めたポイント(お小遣い)で寄付できるから。

先の、日本において募金が少ない理由として、「今の安定した生活を維持したい」という思いが、募金を躊躇させている原因の一つだとしたら?
無料で貯めたポイントを、寄付することなら可能性があるかもしれない。

想像してみてください。
日本各地で起こっている災害の情報を集めつつ、毎日少しずつでもポイントサイトでお小遣いを貯める。
そして、ポイントサイトで貯めたお小遣いの全部と言わず、一部でも募金に費やすことができたなら。
とても良い社会になりそうですね。


かくいう僕も、これまであまり募金をしてきませんでした。
「赤い羽根共同募金」や「日本赤十字社への募金」には、毎年1,000円募金する程度。
この記事を書いたからには、これからしっかり関心を持って、取り組みたいと思います。


2.募金できるポイントサイトおよびポイント交換サイト


それでは、ポイントで募金ができるポイントサイトを紹介します。
ポイントサイトで直接募金ができるサイトと、一旦ポイント交換サイトを経由して募金ができるサイトがありますので、分けて紹介します。
※僕が利用しているサイトに限って紹介します。

2-1.直接募金ができるポイントサイト「ポイントタウン」


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

この「ポイントタウン」からは、「Child Fund Japan(チャイルド・ファンド・ジャパン)」に募金ができます。

「Child Fund Japan(チャイルド・ファンド・ジャパン)」ホームページ


2-2.募金できるポイント交換サイト


ポイントサイトの中では、直接募金できませんが、ポイント交換サイトを経由すれば、募金ができるサイトがあります。
一手間かかるので、面倒かもしれませんが、一応掲載しておきます。
ここでは、ポイント交換サイトを2社アップします。

20180311-093203.jpg

■Pex
このポイント交換サイト「Pex」では、「3keys」に募金できます。

「3keys」ホームページ

【Pexと提携しているポイントサイト】

ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ちょびリッチ
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

げん玉


ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ライフメディア
ライフメディアへ無料登録

20180311-094336.jpg

■Point Exchange
このポイント交換サイト「Point Exchange」では、「熊本地震ポイント募金」に寄付できます。

【Point Exchangeと提携しているポイントサイト】

げん玉



3.ポイントサイトで一人ひとりが災害支援に協力できる!まとめ


いかがでしたか?

このところ、本当に災害が多いような気がします。
日頃から災害に関心を持ち、その準備をするとともに、残念ながら被災された方々には、国民全員で協力できる社会にしていきたいですね。

ポイントサイトでは、お小遣い稼ぎや節約で、自分や家族の生活を守るだけでなく、募金することができます。
これは、自助だけでなく、互助や公助の可能性を一段と高める方法ですよね。
これを読まれた方は、是非「ポイントサイトで募金」「ポイントサイトで被災地支援」に参加しましょう!


僕は「ポイントタウン」から微力ながら寄付しました。
この記事を読まれて、不快な思いをした方がいたら、失礼しました。
そして、全国の被災された方々が、少しでも元の生活を取り戻せますよう、お祈り申し上げます。